FC2ブログ
プロフィール

ウメちゃん

Author:ウメちゃん
タイで夜遊びして20年プーケットに移住して12年 バーを開いて9年 日本人でただ一人でバーを現在も経営し毎晩夜の町で働くからこそわかるリアルタイムな夜遊び風俗情報です。パトンビーチのゴーゴーバー、オープンバーからプーケットタウンの連れ出しカラオケキャバクラ モデルクラブ、エロマッサージ、マッサージパーラー等夜遊び風俗をご案内します。一緒に夜遊びでかけましょう。よろしくお願いします
経歴
・高校卒業後東京に行きたがため、、東京の三流大学に進学
・幼いころからしていたスキーに打ち込むため 体育会スキー部に入る。
・大学在学中は勉強もせずスキーばかりしていた。厳しい部活で鍛えられる。
・何とか4年で卒業、、就職もせずスキーのイントラになる。
・たまたまバイトしていた。三井物産スポーツ株に就職
・スキー選手のスキー用具のサポートをする部署に配属
・スキーのナショナルチームのサポートで世界のスキー場を転戦!
・30歳代後半、大失恋、会社の倒産で苦境の時をすごす。
・サロモン&テーラーメイド株に再就職 同じマーケティングの部署に付く
1995年はじめてプーケットに上陸
・それから夏暇なのをいいことに年7回~10回毎年2か月くらいはプーケットに滞在
・津波は間一髪で逃れるが。。そのときの彼女は行方不明 3ヶ月後に発見!
・タイ人の彼女を日本に連れて行き実家の両親に合わせる。
・しかし、多々事情で結婚を断念、破局!
・でもプーケットの夜遊びはやめられない。
・プーケット日本人向けフリーペーパー 『プーケットウォーク』で
 『ウメちゃんのプーケットナイトライフ』を連載開始
  同時にメールマガジン発信
・連載するうちに読者からの質問を受けるようになる。
・ウインタースポーツの低迷で務めいていた会社が人員整理開始
 リストラで退社
・プーケットに移住を計画
2006年 20年間以上の東京生活にピリオド
大学⇒スキーインストラクター⇒三井物産スポーツ
⇒サロモン&テーラーメイド⇒アメヤスポーツジャパン⇒退社
⇒移住
2006年退社後3ヶ月で移住 
 『プーケット プロモーション サービス』を設立
 労働ビザ ワークパーメントを取得
・会社はできたが毎日飛び込み営業、、プーケット中を駆け巡る!
・夜遊びにも拍車がかかり夜な夜な夜の街へ、、、、、、、
・フリーペーパー、メルマガの連載記事の読者からの質問などが増え始める。
2007年
・仕事が起動に乗り始めるが、まだまだ!
・毎日バイクで大手ホテル、デベロッパーへ飛び込み営業の苦境の日々
2008年『ウメちゃんのナイトライフ』ブログを開設
・昼は飛び込み営業&ビデオ製作 夜はナイトライフツアーの生活が始まる。
・大手宣伝代理店、プーケット最大のディスコと契約
・大手のホテルから夜の天使の誕生会まで何でもDVD、PHの映像にする!

2008年サンドバーを開業!
 同時に宣伝、ビデオ製作等、ナイトライフツアー
 のほかサンドバーのマネージメントのバーの労働許可も取得
・サンドエンターテーメント株の取締役になる。
2013年9月
サンドバー ソイ シードラゴンへ移転

昼のプーケットと夜のプーケットを休みなく駆け回るウメちゃん。
ウメちゃんの人生はこれからどうなる?
笑顔を絶やさず頑張ります!!

ウメのプロフィールを詳しく見るここクリック!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事

場末のバーの女店主と日本人の恋愛話! 惚れたら負けですプーケットの夜遊びの鉄則

2019/07/11 22:28:42 | ウメちゃん コラム | コメント:0件

数週間前突然私の私の山の中のオフィスにマレーシアから流れ着いた日本人の中年の方がいらった。
名前は仮名でSさんとしておきます。
アジアで仕事をしたいと思い現在一人で色々回っているらいいです。

一人で何でもやろうと考える意気込みに私は共感したので仕事抜きでご一緒した。
お酒が飲めないらしいしかも華やかなバングラより寂れたているバーが好きらしい。『
バーで飲んでます>』という電話があり行ってみると。

お客さんは一人んだけママ(ビー)がかなり気に入ったらしい、でもママにはドイツ人の彼氏がいて、そのバーのハジでいつもパソコンをして飲んでいる。もう販売済みだある。

そこに通うこと数日『昼間ママと会います!』と話していた。私は『日本人のパワー見せてください!』といって送り出した。

でも詳しいことは語らないが何も起こらなかったと話していた『彼女には私はビビビと来ています。』と話すしてます。
毎日そのバーに通っていた。私も一緒にそのバーに行ったけどお客さんは本当にいない。、、、、

でもSさんは通いつづける。
ある日メールで『新しい女の子が2名 バーに入りました 今晩行きます』と連絡があた。

夜メッセージが、、
『ウメさん私をこのバーから連れ出してください。とりあえずバーに来てくれるとうれしい!』
どうゆう意味か分からないがとりあえず行くことにしました。
バーに行ってみると本当にかわいげのないおばちゃん2名にかこまれ。。。ゲームをしているママとはあまり話してない様子だ。
ママに嫌われないようにこのバーを退散したいようです。

『私はこれから結婚式のパーティーの打ち上げでバングラに行きますが Sさんも行きますか?』と広くないバーでみんなに聞こえるようにSさんに話しかけた

『私も行きます』の二つ返事のSさん、料金を払いそこを退散した。
『いやあの二人、かわいげもないけ。。ママはあの二人を私に振るし、しょうがなくて』なんて話してた。

その日はあまりママとは話できなかったみたいだ。 数週間毎日かよって作るあげてきたママのイメージが全て崩れた夜でした。
ママにはもうドイツ人の金庫があって自分の店が儲かろうが儲からなかろうが生活は安定しているのだから
お客さんにドリンクをおねだりするのは女の子の仕事で、そこでお目当ての子におごって会話やゲームなどを楽しみながらテンションをあげていくのがバーの楽しみ、

でもその女の子がどうしようもないママではなぜバーにいるのかわからない。
それにようやくきずいたようです。
その後Sさんがそのバーに行くことは二度となかく ここで女の子と遊ぶこともなくプーケットを後にしたSさんでした。

私も何度かバーのママや外人の彼氏がいる女の子の間男を経験したがそういう場合は、できるだけ短い時間でお互いのテンションをあげ、相手が忘れたころに又現れるぐらいでちょうどいい、相手にこっちが熱を上げていることを悟られると、いいお客さんにされてしまう。擬似恋愛といっても一応男と女、やはりほれた方にどうしても弱みが見えてくる。

女の子の性格を見定めてなんて考えず、気に入った子に飲まし、遊ばせ、お持ち帰る、ここで遊ぶなら短期決戦はセオリーです。
Sさんが惚れて何も抱きなかったママです。
ameblo プーケット ウメちゃん ナイトライフ 夜遊び ディスコ
ところでSさんタイで仕事するためのリサーチでプーケット来たんじゃなかったの?笑い!

『ウメちゃんの夜遊び プライベートツアー開催中』
ナイトライフツアーのお申込み&内容を詳しく見るここ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ws2011-000926_201612262039491ec.jpg
参加ご希望の方は、ツアー希望人数、プーケットにいらっしゃる日程等を記入の上、メールにてお問い合わせください。明細を半日以内にメールをご返信します。

メールフォームでお問い合わせ ここをクリック!

メールでのお問い合わせ ここをクリック phuket.p.s@gmail.com

お問い合わせメールアドレス phuket.p.s@gmail.com

ラインでのお問い合わせ
Line ID: phuketume
(このブログ内のラインQRコードは変更になりました。検索の際はLine ID= phuketume か『ウメちゃんの夜遊びナイトライフツアー』内のQRコードで検索してください)

 
『ウメちゃん夜遊びツアーブログ カテゴリー』
はじめてのプーケット夜遊び3泊4日! (75)




『夜遊びツアー参加の皆さんブログ』


ウメちゃんのお店サンドバー ブログ
sand_bar_blog_20161115143506a21_2016122620394874c.jpg

ウメ!頑張れクリック
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する