FC2ブログ
プロフィール

ウメちゃん

Author:ウメちゃん
タイで夜遊びして20年プーケットに移住して12年 バーを開いて9年 日本人でただ一人でバーを現在も経営し毎晩夜の町で働くからこそわかるリアルタイムな夜遊び風俗情報です。パトンビーチのゴーゴーバー、オープンバーからプーケットタウンの連れ出しカラオケキャバクラ モデルクラブ、エロマッサージ、マッサージパーラー等夜遊び風俗をご案内します。一緒に夜遊びでかけましょう。よろしくお願いします
経歴
・高校卒業後東京に行きたがため、、東京の三流大学に進学
・幼いころからしていたスキーに打ち込むため 体育会スキー部に入る。
・大学在学中は勉強もせずスキーばかりしていた。厳しい部活で鍛えられる。
・何とか4年で卒業、、就職もせずスキーのイントラになる。
・たまたまバイトしていた。三井物産スポーツ株に就職
・スキー選手のスキー用具のサポートをする部署に配属
・スキーのナショナルチームのサポートで世界のスキー場を転戦!
・30歳代後半、大失恋、会社の倒産で苦境の時をすごす。
・サロモン&テーラーメイド株に再就職 同じマーケティングの部署に付く
1995年はじめてプーケットに上陸
・それから夏暇なのをいいことに年7回~10回毎年2か月くらいはプーケットに滞在
・津波は間一髪で逃れるが。。そのときの彼女は行方不明 3ヶ月後に発見!
・タイ人の彼女を日本に連れて行き実家の両親に合わせる。
・しかし、多々事情で結婚を断念、破局!
・でもプーケットの夜遊びはやめられない。
・プーケット日本人向けフリーペーパー 『プーケットウォーク』で
 『ウメちゃんのプーケットナイトライフ』を連載開始
  同時にメールマガジン発信
・連載するうちに読者からの質問を受けるようになる。
・ウインタースポーツの低迷で務めいていた会社が人員整理開始
 リストラで退社
・プーケットに移住を計画
2006年 20年間以上の東京生活にピリオド
大学⇒スキーインストラクター⇒三井物産スポーツ
⇒サロモン&テーラーメイド⇒アメヤスポーツジャパン⇒退社
⇒移住
2006年退社後3ヶ月で移住 
 『プーケット プロモーション サービス』を設立
 労働ビザ ワークパーメントを取得
・会社はできたが毎日飛び込み営業、、プーケット中を駆け巡る!
・夜遊びにも拍車がかかり夜な夜な夜の街へ、、、、、、、
・フリーペーパー、メルマガの連載記事の読者からの質問などが増え始める。
2007年
・仕事が起動に乗り始めるが、まだまだ!
・毎日バイクで大手ホテル、デベロッパーへ飛び込み営業の苦境の日々
2008年『ウメちゃんのナイトライフ』ブログを開設
・昼は飛び込み営業&ビデオ製作 夜はナイトライフツアーの生活が始まる。
・大手宣伝代理店、プーケット最大のディスコと契約
・大手のホテルから夜の天使の誕生会まで何でもDVD、PHの映像にする!

2008年サンドバーを開業!
 同時に宣伝、ビデオ製作等、ナイトライフツアー
 のほかサンドバーのマネージメントのバーの労働許可も取得
・サンドエンターテーメント株の取締役になる。
2013年9月
サンドバー ソイ シードラゴンへ移転

昼のプーケットと夜のプーケットを休みなく駆け回るウメちゃん。
ウメちゃんの人生はこれからどうなる?
笑顔を絶やさず頑張ります!!

ウメのプロフィールを詳しく見るここクリック!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事

プロフェッショナルな女の子たちの数年での人生経験と精神年齢を考えてみたプーケット夜遊び天使の生態

2019/04/01 22:16:01 | 女の子の生態 | コメント:0件

タイでは夜飲み屋や風俗で働ける年齢は20歳以上です。たまにはイレギラーの年齢の子もいますが(笑い)
余談ですが一昨日80人くらいの誰が持ても20歳以下の団体がバングラの一番メインのお店(通りにせり出した席にすらっていたので目立ちます)その団体がビールを飲んでたばこを吸って騒いでいました。
飲酒も20歳からなので警察に補導され連行、そのバーも3日間営業停止です。
しかも、それのとばっちりを受けてバングラ全体のお店が全て深夜1時でクローズという悲劇を生みました。
何も知らない肉食紳士さんたちはいきなりバーやゴーゴーが閉まるので戸惑ったと思います。

ですので夜の街では二十歳以上でないと働けません。
タイの夜の世界は飲み屋=風俗に近い部分があります。日本の様に飲み屋と風俗が分かれているのと訳が違います。
日本ならキャバクラとソープやデリヘルの経験を一緒にするようなものでか!
だから短期間ですごい人生経験をするタイの女ん子たちです。

タイの田舎町からでてきていきなりリゾートの夜の盛り場で働く、周り外国人ばかり、英語で話しかけられる、酔っ払いもいる、、、毎晩今までの田舎や自分の経験にはない世界が毎晩繰り広げられます。
まともなお客さんだけでもないし、行きたくなくてもお客さんと行かないといけないし逆そんなお客さんを交わすプ技や話術も磨いていいきます。

もちろんお酒を飲む事も、、お客さんと行くことも初めての子もいます。 つらい事もあるでしょう。でもこれまで経験したことのない楽しい事もいっぱいあるし頑張れば家族や両親を養うくらいのお金が20歳代で手に入ります。自分で贅沢したい子は化粧品、洋服から始まり車を買い家を買未来も可能なわけです。

女の子にとって夜の町で経験する1年は人生経験としては3年以上になるくらいだと思います。3か月もすれば簡単な英語でのコミュニケーションがとれるようになり、1年もすれば世界の肉食紳士を手のひらの上で踊らしています。笑い

プーケットの夜の町で3年働けば、、10年くらいの人生経験はする事になるでしょう。そうすると23~24歳くらいになると完全に夜の町のプロフェッショナルになるわけです。NHKの『プロフェッショナル』が好きでよく見ますがここにも夜のプロがいっぱいいるんだと思います。

ここでのプロの技とは床上手の意味も含めてますがそれプラス精神的なつながりもあります、夜のビジネスに従事する天使と肉食紳士(外人も含めすべての国)の精神的+金銭的やり取りの事です。プロである以上その対価の金銭は発生しますし自分の価値(チップ)を高めることも大切です。そのために自分を磨くトレーニング(ファッション、化粧やダイエット、話術)必修です。
所属するチーム(バーやゴーゴーや日本語喋れるお店など)も自分の価値を認めてくれて稼げるところ所属します。

精神的つながりができた天使と肉食紳士さんの金銭的やり取りは複雑になります。
ゴーゴーバーやバー、キャバクラナイトクラブなどで出会って、、はじめはお店をはさんでのやり取りでったものが、段々個人的な物に変わり、『恋』や『愛』の言葉が会話挟まれるようになり 肉食紳士さんが親密な関係と思い始めてきたころからプロの本格的な精神的な技にお目にかかることができます。

この技は決して嘘やだましているわけではありません。自分の価値や交渉の条件を上げるために使うプロの技だと思ってください(笑い)
例を上げると、、
親密な関係になり、ラブラブに過ごしても、連絡がつかなくなったり、男と女ですから喧嘩もします。でもその最後にこのプロの技を垣間見ることができます。この事に心当たりがある方もいるのではないでしぃうか?

日本人の観光客の方は滞在が短いので本当のプロの技にお目にかかれることは少ないと思いますが、何度かプーケットに通ううちにこの技にお目にかかることになるでしょう。 

『今日のプーケットの天使たち』
November62013.jpg January182014.jpg
November72013.jpg January292014.jpg
January142014.jpg

「ウメちゃん夜遊びツアー参加の皆さんと天使たち写真集」
P1030850_R.jpg P1030849_R.jpg P1030851_R.jpg P1030852_R.jpg P1030924_R.jpg P1030923_R.jpg


『ウメちゃんの夜遊び プライベートツアー開催中』
ナイトライフツアーのお申込み&内容を詳しく見るここ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ws2011-000926_201612262039491ec.jpg
参加ご希望の方は、ツアー希望人数、プーケットにいらっしゃる日程等を記入の上、メールにてお問い合わせください。明細を半日以内にメールをご返信します。

メールフォームでお問い合わせ ここをクリック!

メールでのお問い合わせ ここをクリック phuket.p.s@gmail.com

お問い合わせメールアドレス phuket.p.s@gmail.com

ラインでのお問い合わせ
Line ID: phuketume
20160903230657fe9_201612262039446da.jpg
「ウメちゃん夜遊びツアーお勧めブログカテゴリー」

はじめてのプーケット夜遊び3泊4日! (67)


「プーケットウメちゃん夜遊びツアーの各種お勧めプラン」

ウメちゃんのプーケット ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_phuket_201612262039463ef.jpg  

ウメちゃんのバンコク ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_bangkok_201612262039454e6.jpg

ウメちゃんのお店サンドバー ブログ
sand_bar_blog_20161115143506a21_2016122620394874c.jpg

ウメ!頑張れクリック
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する