FC2ブログ
プロフィール

ウメちゃん

Author:ウメちゃん
タイで夜遊びして20年プーケットに移住して12年 バーを開いて9年 日本人でただ一人でバーを現在も経営し毎晩夜の町で働くからこそわかるリアルタイムな夜遊び風俗情報です。パトンビーチのゴーゴーバー、オープンバーからプーケットタウンの連れ出しカラオケキャバクラ モデルクラブ、エロマッサージ、マッサージパーラー等夜遊び風俗をご案内します。一緒に夜遊びでかけましょう。よろしくお願いします
経歴
・高校卒業後東京に行きたがため、、東京の三流大学に進学
・幼いころからしていたスキーに打ち込むため 体育会スキー部に入る。
・大学在学中は勉強もせずスキーばかりしていた。厳しい部活で鍛えられる。
・何とか4年で卒業、、就職もせずスキーのイントラになる。
・たまたまバイトしていた。三井物産スポーツ株に就職
・スキー選手のスキー用具のサポートをする部署に配属
・スキーのナショナルチームのサポートで世界のスキー場を転戦!
・30歳代後半、大失恋、会社の倒産で苦境の時をすごす。
・サロモン&テーラーメイド株に再就職 同じマーケティングの部署に付く
1995年はじめてプーケットに上陸
・それから夏暇なのをいいことに年7回~10回毎年2か月くらいはプーケットに滞在
・津波は間一髪で逃れるが。。そのときの彼女は行方不明 3ヶ月後に発見!
・タイ人の彼女を日本に連れて行き実家の両親に合わせる。
・しかし、多々事情で結婚を断念、破局!
・でもプーケットの夜遊びはやめられない。
・プーケット日本人向けフリーペーパー 『プーケットウォーク』で
 『ウメちゃんのプーケットナイトライフ』を連載開始
  同時にメールマガジン発信
・連載するうちに読者からの質問を受けるようになる。
・ウインタースポーツの低迷で務めいていた会社が人員整理開始
 リストラで退社
・プーケットに移住を計画
2006年 20年間以上の東京生活にピリオド
大学⇒スキーインストラクター⇒三井物産スポーツ
⇒サロモン&テーラーメイド⇒アメヤスポーツジャパン⇒退社
⇒移住
2006年退社後3ヶ月で移住 
 『プーケット プロモーション サービス』を設立
 労働ビザ ワークパーメントを取得
・会社はできたが毎日飛び込み営業、、プーケット中を駆け巡る!
・夜遊びにも拍車がかかり夜な夜な夜の街へ、、、、、、、
・フリーペーパー、メルマガの連載記事の読者からの質問などが増え始める。
2007年
・仕事が起動に乗り始めるが、まだまだ!
・毎日バイクで大手ホテル、デベロッパーへ飛び込み営業の苦境の日々
2008年『ウメちゃんのナイトライフ』ブログを開設
・昼は飛び込み営業&ビデオ製作 夜はナイトライフツアーの生活が始まる。
・大手宣伝代理店、プーケット最大のディスコと契約
・大手のホテルから夜の天使の誕生会まで何でもDVD、PHの映像にする!

2008年サンドバーを開業!
 同時に宣伝、ビデオ製作等、ナイトライフツアー
 のほかサンドバーのマネージメントのバーの労働許可も取得
・サンドエンターテーメント株の取締役になる。
2013年9月
サンドバー ソイ シードラゴンへ移転

昼のプーケットと夜のプーケットを休みなく駆け回るウメちゃん。
ウメちゃんの人生はこれからどうなる?
笑顔を絶やさず頑張ります!!

ウメのプロフィールを詳しく見るここクリック!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事

プーケットの夜の街に救急車出動 最近多いのはこんなわけがあります。日本は真冬、いきなり南国の環境で体が悲鳴、気を付けてください。

2018/12/28 17:13:04 | プーケットの夜の事件 | コメント:0件

プーケット夜の街の深夜すぎると色々な事が起こります。
前に書きましたがが深夜の帰り道や人気のいないATMでお金を引き出した、両替した後など引ったくりはスリが多発してます。
レディーボーイの引ったくりやスリが多発、手口公開プーケットパトンビーチ夜遊びエリア注意してください。


レディーボーイさんだと甘く見て愛想降りましていると元男の腕力で飛んでもない事になります。
でも中々見分けがつかないんですよね!
プーケットバングラロード レディーボーイさんと手をつないいでホテルに入っていく日本人の多いこと!なぜ?


後は中国人観光客の増加で違法労働やタイ人以外の事件も起こっています。
ロシア パブ 摘発 プーケットの夜の街で外人が許可なしに働くのは違法です


その他夜の街の注意事項
夜遊びプーケット注意する事 (81)

安全な街プーケットですがお店が閉店した後、ホテルまで帰る道が寂しくなっている繁華街から外れたビーチの通りや、ジャンクセイロンの通りなどは気を付けることが必要です。
先日も3時過ぎにツクツクで帰るのをお勧めしたんですが歩いて帰られた方が強引なスリに合われました。
その時の所持品は少なかったので警察には届けませんでしたが多分被害届が出てない件数を考えると多いような気がします。
『暗い夜道は、繁華街から外れた道、閉店後の街、酔っぱらって帰る、こんな時は近くてもツクツクに乗った方がいいと思います』

今日は深夜の救急車の出動が増えて来たことこについてお話します。
早い時間はあまりこんなことはないのですが深夜2時を過ぎてくると結構救急車を見かけます。
先日もウメのバーの前は歩行者天国ですが救急車が入ってきてゴーゴーバーに隊員が入っていきます。
P1050280_R.jpg
P1050279_R.jpg  
P1050278_R.jpg
泥酔した倒れたか何かあったのかわかりませんが担架で運ばれて行きました。

これまでは救急車は出動はあまりなかったのですが最近は多くなったような気がします。
これは急病人が増えたとか泥酔者が増えたとかではなく、お店側が救急車を手配するのが早くなったからです。

お店で倒れたり、泥酔しばあい、友人などがいる場合連れて帰ります。
ただその友人などが連れて帰れない場合救急車、、ということにになります。
一人の場合はなおさらです、泥酔して寝てるだけでも返事がないと救急車を呼ばれます。

前にお店で倒れたお客さんがいて救急車を呼ばなくてそのままお亡くなりになり警察の取り調べや遺族から訴えられたり大変だったことがありました。
ゴーゴーバーで裸の女の子を見ながら酒飲んでいてあまりにもテンション上がりすぎでぽっくりお亡くなりになる。
本人は幸せなかもしれませんがお店側はたまったもんではありません。
この話が広まり、、意識がない場合は救急車をとりあえずは呼んでおくのが通例になってきました。

これまでブログには書きませんが結構多くの日本人の方を病院にお連れします。
旅行中病気で病院に入院したら? (2)

今の時期日本は真冬、そこからいきなり南国に移動、体調管理には気を付けましょう。
『ウメちゃんの夜遊びツアーに参加の皆さん』
IMG_1888.jpg P1050263_R.jpg P1050262_R.jpg P1050067_R.jpg P1030716_R.jpg P1030714_R.jpg

『ウメちゃんの夜遊び プライベートツアー開催中』
ナイトライフツアーのお申込み&内容を詳しく見るここ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ws2011-000926_201612262039491ec.jpg
参加ご希望の方は、ツアー希望人数、プーケットにいらっしゃる日程等を記入の上、メールにてお問い合わせください。明細を半日以内にメールをご返信します。

メールフォームでお問い合わせ ここをクリック!

メールでのお問い合わせ ここをクリック phuket.p.s@gmail.com

お問い合わせメールアドレス phuket.p.s@gmail.com

ラインでのお問い合わせ
Line ID: phuketume
20160903230657fe9_201612262039446da.jpg


ウメちゃんのプーケット ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_phuket_201612262039463ef.jpg  

ウメちゃんのバンコク ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_bangkok_201612262039454e6.jpg

ウメちゃんのお店サンドバー ブログ
sand_bar_blog_20161115143506a21_2016122620394874c.jpg

ウメ!頑張れクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する