FC2ブログ
プロフィール

ウメちゃん

Author:ウメちゃん
タイで夜遊びして20年プーケットに移住して12年 バーを開いて9年 日本人でただ一人でバーを現在も経営し毎晩夜の町で働くからこそわかるリアルタイムな夜遊び風俗情報です。パトンビーチのゴーゴーバー、オープンバーからプーケットタウンの連れ出しカラオケキャバクラ モデルクラブ、エロマッサージ、マッサージパーラー等夜遊び風俗をご案内します。一緒に夜遊びでかけましょう。よろしくお願いします
経歴
・高校卒業後東京に行きたがため、、東京の三流大学に進学
・幼いころからしていたスキーに打ち込むため 体育会スキー部に入る。
・大学在学中は勉強もせずスキーばかりしていた。厳しい部活で鍛えられる。
・何とか4年で卒業、、就職もせずスキーのイントラになる。
・たまたまバイトしていた。三井物産スポーツ株に就職
・スキー選手のスキー用具のサポートをする部署に配属
・スキーのナショナルチームのサポートで世界のスキー場を転戦!
・30歳代後半、大失恋、会社の倒産で苦境の時をすごす。
・サロモン&テーラーメイド株に再就職 同じマーケティングの部署に付く
1995年はじめてプーケットに上陸
・それから夏暇なのをいいことに年7回~10回毎年2か月くらいはプーケットに滞在
・津波は間一髪で逃れるが。。そのときの彼女は行方不明 3ヶ月後に発見!
・タイ人の彼女を日本に連れて行き実家の両親に合わせる。
・しかし、多々事情で結婚を断念、破局!
・でもプーケットの夜遊びはやめられない。
・プーケット日本人向けフリーペーパー 『プーケットウォーク』で
 『ウメちゃんのプーケットナイトライフ』を連載開始
  同時にメールマガジン発信
・連載するうちに読者からの質問を受けるようになる。
・ウインタースポーツの低迷で務めいていた会社が人員整理開始
 リストラで退社
・プーケットに移住を計画
2006年 20年間以上の東京生活にピリオド
大学⇒スキーインストラクター⇒三井物産スポーツ
⇒サロモン&テーラーメイド⇒アメヤスポーツジャパン⇒退社
⇒移住
2006年退社後3ヶ月で移住 
 『プーケット プロモーション サービス』を設立
 労働ビザ ワークパーメントを取得
・会社はできたが毎日飛び込み営業、、プーケット中を駆け巡る!
・夜遊びにも拍車がかかり夜な夜な夜の街へ、、、、、、、
・フリーペーパー、メルマガの連載記事の読者からの質問などが増え始める。
2007年
・仕事が起動に乗り始めるが、まだまだ!
・毎日バイクで大手ホテル、デベロッパーへ飛び込み営業の苦境の日々
2008年『ウメちゃんのナイトライフ』ブログを開設
・昼は飛び込み営業&ビデオ製作 夜はナイトライフツアーの生活が始まる。
・大手宣伝代理店、プーケット最大のディスコと契約
・大手のホテルから夜の天使の誕生会まで何でもDVD、PHの映像にする!

2008年サンドバーを開業!
 同時に宣伝、ビデオ製作等、ナイトライフツアー
 のほかサンドバーのマネージメントのバーの労働許可も取得
・サンドエンターテーメント株の取締役になる。
2013年9月
サンドバー ソイ シードラゴンへ移転

昼のプーケットと夜のプーケットを休みなく駆け回るウメちゃん。
ウメちゃんの人生はこれからどうなる?
笑顔を絶やさず頑張ります!!

ウメのプロフィールを詳しく見るここクリック!

カテゴリ
最新コメント
最新記事

一人旅肉食紳士さん体調不良発熱で朝方4時過ぎ病院にお連れしました。タイで緊急入院気をつけておくことは?

2018/02/27 19:16:53 | 旅行中病気で病院に入院したら? | コメント:1件

一人旅肉食紳士さん40代が先日遊びにきました、滞在は1週間、、一緒に夜遊びツアーに出かけ最初は楽しくあそんでました。
昨晩『今日は見かけないな!!』と思いながらバーにいました。無事閉店して家に帰る朝方4時くらいに電話が鳴りました。
『ウメちゃん、熱が40度近くあって体がだるくとて、、、、』
いつもお客さんには何かあったらいつでも電話くださいと言っているウメ、一人旅で何かトラブルがあると心細いですから、また初期の行動で大事にならない事もあります。

聞くと!昼過ぎから具合が悪くホテルでやすんでました。熱もありそうなので薬局で薬を買って飲んで寝てると調子が良くなったので、夜の町へ遊びにでてだんだん体がだるくなったのでホテルへ戻って寝ていたようですですが体温計を借りて計るとあまりの高熱でびっくりして電話かけて来たようです。

『わかりました。病院行きましょう!』とホテルへ迎えに行き病院にお連れしました。
パトンにある病院は24時間見てくれます。しかも昼間は混んでいるので夜や深夜具合が悪くなったれすぐ行った方があまり待たないでいいので朝になるまで待つよりすぐに行った方がいいんです。

静まりかえった病院!

20180227022709f18.jpg

パスポートを見せ受付します。
そして、待つこと15分、、診察室へ!
英語で問診をされます。
最近アレルギーの方が多いので最低英語でちゃんと問診をこたえないと病院は治療してくれません。
前に食中毒になったお客さんも一人で病院まで来たが、、問診が英語でわからなくて治療してもらえずにウメが駆けつけて通訳したこともあります。

血液を取られれ、、点滴打たれ、、
ウメがドクターと話すと『点滴が時間がかかるし、一人旅なので入院するか?』言われました。
肉食紳士さんも一人でホテルにいるのが不安なので入院することになりました。

こうなると、、先にお金をデポジットで数千バーツ先払いしに会計に行かされます。
そうです。お金が無いと入院できないんです。
(クレジットカードでも支払いできるし、カードに保険がついている場合もあります)
あと観光客や英語のわからないとパトン病院では付きそいで必ず誰かが部屋にいてくれとを言われます。
ウメが付き添うをすることで入院の手続きは完了です。


ウメが立て替えてお金を払い、病室に!
20180227022646b5a.jpg


部屋は個室です。トイレもシャワーもベランダも付いています。
ちょっとしたホテルより快適です。

大部屋もありますがエアコンが無いのとタイ人の重症患者や子供と一緒にされます。
20180227022722140.jpg
注射と点滴で少し熱が下がって来たみたいです。
そろそろ朝日が昇って外が明るくなった来ました。
7時すぎ朝食が来たので食べさせてあげて、、
(でも朝からタイ料理はやはり食べれないようです)
薬も効いて寝むくなったようなので、ウメは昼前に日本食のテイクアウトして持ってくることにして一時家に帰ります。

年に何回か急病になったり色々なトラブルがああります。でも旅行にトラブルを付き物です。
そんな時は心細い物です。ウメが一緒そんな時もお力になります。

『ウメちゃんの夜遊び プライベートツアー開催中』
ナイトライフツアーのお申込み&内容を詳しく見るここ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ws2011-000926_201612262039491ec.jpg
参加ご希望の方は、ツアー希望人数、プーケットにいらっしゃる日程等を記入の上、メールにてお問い合わせください。明細を半日以内にメールをご返信します。

メールフォームでお問い合わせ ここをクリック!

メールでのお問い合わせ ここをクリック phuket.p.s@gmail.com

お問い合わせメールアドレス phuket.p.s@gmail.com

ラインでのお問い合わせ
Line ID: phuketume
20160903230657fe9_201612262039446da.jpg

『ウメちゃんの夜遊びツアー人数別参加者ブログ』

『ウメちゃんの夜遊びツアープラン各種』


ウメちゃんのプーケット ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_phuket_201612262039463ef.jpg  

ウメちゃんのバンコク ホテル予約 
ジョイナーフィー無料情報
hotel_bangkok_201612262039454e6.jpg

ウメちゃんのお店サンドバー ブログ
sand_bar_blog_20161115143506a21_2016122620394874c.jpg

ウメ!頑張れクリック
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメント

2018/02/28(水) 18:51:33 | URL | 名無しさん #-
前にプーケットに具合が悪くなってあの時は昼間だったので日本語しゃべれるスタッフのいる病院にウメちゃんにタクシーを手配、病院に問い合わせの電話してもらいました。クレジットカードに海外旅行保険が付いていたのでそれですべて病院が対応してくれました。
やはり海外で病気になると日本人にたよっちゃいますね!
ウメちゃんあの時はありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する